« クレマチス(落葉種)=冬は枯葉、枯れ枝!! | メイン | 冬の鉢植えは、北風の当たらない場所に、置きましょう。 »

2008年2 月17日 (日)

コメント

ブルーマチス

初めまして。ブルーマチスと申します。
今回は、効果を実感されている例「こちら」として、私のブログ記事を紹介して頂きありがとうございます。

私はまだクレマチスを始めてちょうど丸2年の素人です。
及川様のこのブログでは育て方を詳しく書かれていますので、参考にさせてもらいながら、育てています。
つる下げも昨年1月から3月にかけて、初めての作業で、短い蔓を見よう見まねで、下の方に巻いたものです。

今回、このブログで取り上げて頂きましたことを、私のブログで記事にさせて頂きました。
お暇な時にご覧頂ければと思います。
http://blueclema.blog62.fc2.com/

これからも及川様のブログを楽しみに拝見していきます。
今後ともよろしくお願い致します。

及川フラグリーン

ブルーマチスさん。

コメント、ありがとうございます。
早速、ご本人から、コメントいただき、
こちらも、びっくりしました。
うれしいです。

ちょっとしたコツを伝え、
それが、きっかけで、
楽しく園芸ができていることを知り、
ものすごく、うれしくなり、
励みになりました。

開花後の様子もアップしてもらい、
本当に、感動しました。

これからも、少しずつではありますが、
何か役に立ちそうな情報を、伝えていきますので、
ブルーマチスさんも、クレマチス、
園芸を楽しんでください。

華

こんにちわ。1昨年秋に、ブルーライト、フロリダカシスその他を御社から購入させていただきました。
みな元気に成長しています。

ブルーライトとフロリダカシスに、記事を参考に、「つる下げ」のようにしてみたのですが、ちょっとわからないことがありますので、質問させていただきます。

「つる下げ」を行って、下のほうにぐるぐる巻きにしたあと、全体から芽がふいてつるが伸びてきたら、つる下げをしたぐるぐる巻きの部分は、一回解いてトレリスなどに誘引しなおしていいのでしょうか?
今は小さい50cmほどのトレリスにまきつけていますが、背の高い壁面トレリスに這わせたいのです。

つる下げについてのリンク先で同じようなことを質問されている方がいらっしゃるのですが、それについての及川様のお返事が以下のものでした。

>「つる下げ」ですが、このあと、
>春に芽吹いてきますので、それに応じて、
>何度か、つるを誘引していきます。
>ちなみに、仕立て鉢として、出荷する際は、
>「つる下げ」をした後に、2~3回誘引をします。
>好みに応じて、行ってください。

「何度か誘引していく」というのは、つるがあちこちからのびてきたら、全体を解いて、誘引しなおしても大丈夫、という意味ですか?


それと、白万重なのですが、冬でも葉っぱが緑のまま残っています。
これも弱剪定だとおもうのですが、
葉っぱが残っている場合でもつる下げを行ったほうがいいのでしょうか?

初心者のため、いろいろ初歩的かもしれない質問が多くてすみません。お手数ですが、ご教授いただければ幸いです。

及川フラグリーン

華さん。

順を追って、
上の質問から答えていきます。
(文章が、ぶつ切れ的になるかもしれませんが)

記事で紹介しているような「つる下げ」は、
基本的に、鉢植えで行うものになります。
そのため、オベリスク、トレリスなど、
誘引するための資材に巻き付けた後は、
ほどいて、誘引し直すことはありません。
巻き付けたところは、そのままで、
伸びてくる新芽を、追加で、その都度、
誘引していきます。
壁面などに這わせたい場合は、
「つる下げ」を行うのではなく、
株元を中心にして、S字を描くように、
誘引していきます。
そうすることで、「つる下げ」と同じ効果を、
期待できます。
基本は、枝を真っ直ぐ上方向に持っていくのではなく、
水平、または斜め上方向に持っていくことです。

「何度か誘引する」というのは、
その都度ほどいて誘引するのではなく、
一度、基礎として誘引したところは、
そのままで、次々に伸びていく枝を、
新たに誘引していく意味です。

なお、白万重ですが、
温暖な地域では、落葉せず、
葉をつけたまま越冬します。
この系統は、無理に「つる下げ」を、
する必要はありません。
気持ち、S字を描くように誘引すると、
花つきは良くなると思います。

「つる下げ」は、主に、鉢植えで、
系統としましては、「パテンス系」、
「パテンス八重系」などに効果が出やすいです。
庭植え、壁面への仕立ての場合は、
真っ直ぐ上ではなく、
くねくねと、S字を描くように誘引してください。

参考にしてもらえればと思います。

華

お忙しいところ、丁寧なご説明ありがとうございました。
クレマチス初心者で、誘引の仕方がよくわからなかったのですが、これで大分わかりました。

昨日さっそく、S字のような感じに誘引しなおしてみました。
白万重は、葉っぱも青いままなのですが、つぼみのようなものが2,3個、すでにみつかりました。

他の芽とあきらかに形が違うので、たぶんつぼみだとおもうのですが、元気がよければ12月にも咲いたりする、と記述がありましたが、真冬にもつぼみがついたりするのですね・・・びっくりしています。

育て方を詳しく書いてあり、こちらのサイトはいつも参考にさせていただいています。
今回はどうもありがとうございました。

ねこすけ

毎度ながらお久しぶりです~

あまり、つる下げとは関係ないのですが・・

ちょうど園芸を真剣に初めて1年になりました!祝

クレマチスを最初に園芸店で見た時のあまりの大輪ぶり、その美しさは今でも忘れません!
今思うと不思議ではあるけど、生まれて初めて見たのがその時だったかも?

こんなにクレマチスライフが続き、しかも今の自分の生活でもほぼ生活の中心ともいえる大切な存在になったのも一重にこのHPと出会えたことだと思ってます。

クレマチスは1年、2年苗になればその後の育て方も比較的簡単(手間はちょっとかかりますが)というのも少し自信をつけるのに良かったと思います。

わからない事があって、ぐぐぐ・・となった時もいつも親切丁寧に教えていただいて本当に感謝してます!
友達ですらもうちょっとみんな不親切なのに(笑)

で、既に↑で十分長くなってしまいましたが今回も質問させてください。

どんな園芸書を見ても、鉢の植替えは年に1回と判を押したように書いてます、よね?
それに鉢のサイズも大きめではなく1号UPと。

・・・・・・・・・・・違うと思うんですけど

昨年のこの時期に苗を購入、植付け。
今にして思えば秋だか冬あたりから吸水スピードが格段に落ちたあたりではもう既に根詰まりだったんでしょうね。
けどそこはなにせ素人。
1年1回と書いてるし、なにより1年に2回しなければいけないって負担も大きいし場所も取るし・・1回でいいか!と都合良く楽観視(笑)

楽しようとしたのが今すごいしっぺ返し!!
根がびーーーーーしり張って底に思いっきり張り付いてはずせません(泣)
汗だっくだくになりながら悪戦苦闘。
一つはやむをえず鉢を割りました。

それに根鉢を崩されるのを嫌う、なんて注意事項は結果的に全く守れず。
四苦八苦して鉢からはずしてみるとぶちぶちに切れた太い根っこがたんまりです。

その後数日経ちますが、根っこをぶった切られたのも順調に新芽を伸ばしているのが健気(笑)

で、これでは来年思いやられる。
そんなに毎年サイズUPできないし、大きな深鉢(テラコッタ)はあまり売られてないし金銭的にも辛い、場所もないってことで今回初めてスリット鉢を購入してみました。

で、ですね、本当に長くなってすいませんが
要するに植替えが年1回ってのは一般的?
年2回くらいのかんじがするなーってのと、
根鉢を崩すと(切れてしまっても)良くないってのは解るけど、崩してしまったとしても平気?
もっと言えば伸びに伸びた根っこをばっさり切っても平気?
(できればやりたいが、どの本を見てもご法度になっているんですよね。他の植物では私はよくやるんですけど)
スリット鉢ってやっぱり優秀?
という質問です。

お暇な時に教えていただけると嬉しいです!!!

あ、今回つる下げやりました!
全部同じ高さに(笑)

及川フラグリーン

ねこすけ さん。

いつも、ありがとうございます。

本に限らず、このホームページもそうですが、
育て方の情報、というのは、
ある種の、きっかけくらいにしか、
ならないのかもしれませんね。
ねこすけさんが、体験を通して、
感じ始めたことは、とてもおもしろいなぁ、
と、思います。
園芸らしい、植物を手にしている、
触っている、見ている、
まさに、ドンピシャな、感じで、
そういう、情報と体験の矛盾が、
ある意味、園芸の醍醐味かもしれません。
それをクリアしていくと、
その人だけの、オリジナルになる、
大げさですが、そういう感じがしています。

さて、質問の答えですが、
植え替え、その回数は、
人それぞれ異なる、のが、
正直なところです。
育てている環境、肥培管理など、
様々な条件によって、
それぞれの鉢が、異なる生育具合になる、
そういう園芸の本質上、実は、確かな答え、
正確な回数はありません。
知り合いの中には、4、5年、
植え替え無しで、毎年たくさんの花を、
咲かせている人もいます。
ぼくも、2年間、植え替え無しの鉢もあります。

やり方としては、
回数で決めてしまうと言うよりは、
その株の根の張りを観察し、
必要であれば、年に2回行うのもよいでしょう。
根がまわって、詰まっている、
その時に行い、結果、
1回だったり、2回だったりになります。

また、鉢を大きくできない時は、
12/14の記事にも書きましたが、
土だけを取り替える感じで、
植え替えしてください。
これで、だいぶ生育は良くなります。

なお、根へのダメージですが、
これも、本では、絶対傷つけるな!!、
という、書き方をしていますが、
これは、重要性を強調しているだけで、
実際には、植え替え時には、切ってしまいますし、
傷も付きます。
でも、その後の生育に、
何にも問題ないのが、いつもです。
そういうものです。
ご安心を。

スリット鉢も、いいようです。
ある販売店では、当社の苗を仕入れ後、
すぐにスリット鉢に植え替え、
大苗にして販売しています。
生育状況を聞くと、いいようです。

実体験から出てくる疑問が、
リアルで、とても楽しかったです。
園芸って、こうだよなぁ、
と、思いました。
勉強になりました。

参考にしてもらえればと思います。

MIYO

そちらで一昨年の冬2鉢買い、順調に育っています。庭植えです。他にホームセンターで最初に買った2つと合計4つがもうぐちゃぐちゃになって絡まっています。狭いせいもあるのですが、アーチ型のにモッコウバラとアブチロンが這って、その間にネットを張ってクレマチスと言う状態になっていて、剪定と思いましたが、全部とるとおってしまいそうなので、良く見て先のほうの芽の無い部分だけ切れば大丈夫でしょうか?冬咲きのクレマチスもつぼみがたくさんついてきました。こちらは鉢なので今のところOKです。
何か良い方法がありましたら教えてくださいね。

及川フラグリーン

MIYOさん

コメント、ありがとうございます。
クレマチス、絡まっている場合の、
剪定、少し大変ですね。

そういう場合は、
書かれている通り、
枝を先の方から、確認し、
芽のないところだけを、
剪定してください。
それで、問題ありません。

試してみてください。

MIYO

どうもありがとうございました。まだ葉っぱが枯れていないので、枯れてからその作業に取り組んでみます。来年の春はたくさん花が咲きますように!

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)

2011年9 月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30